大阪府堺市南区で格安ホームページ&携帯サイト&デジタルフォトフレーム&アロマ&ホームページ管理などを行っている会社です。 何でもお気軽に相談してください。

患者様にとって待っている時間というのは、不安や退屈を感じてしまいやすい時間です。
そこで、その不安を和らげるために写真や絵をスライドショウ形式で有効活用することをおすすめいたします。
また、患者さまへの各種インフォメーションツールとしても最適です。
過去の医院内POPを有効活用できます。
パワーポイントで作成したPOP(診療案内・施設案内等)をJPEGデータにすれば、デジタル写真たてに取り込んでスライドショー表示することが可能です。限られた待合室の壁面において、たくさんの情報を提供することを可能とします。
ありきたりな医院内掲示物だけでなく、写真を有効活用すれば、
このような意外性のある演出で患者様にとっての「特別な医院」へと変えてくれる力が写真にはあります。

 

レイアウト案
 

 

 

@エントランスから入って正面の壁にデジタル写真たてを設置した例です
一般的に医院内の動線計画を考える場合、入り口の印象というものは重要視されます。
入りやすい入り口が、患者様に選ばれる医院作りに必須と考えられるからです。
ここで言う「入りやすさ」とは、不安や緊張感を持って来院された患者様(特に初診の場合)に暖かみや親しみやすさを感じさせるかどうかという事です。カウンターのみしかない事務的な入り口ではなく、「デジタル写真たて」を使って写真を映し出せば、ホっとできる印象を与えてくれます。

 

A待合室の壁にデジタル写真たてを設置した例です。
患者様にとって待っている時間というのは、不安や退屈を感じてしまいやすい時間です。
そこで、その不安を和らげるために写真を有効活用することをおすすめいたします。
例えば、かわいいペットの写真をスライドショーで「デジタル写真たて」に映し出せば、親子で来院されている患者様にとっては、お子様との会話が弾みます。
あるいは、美しい四季の写真や旅行先で撮った風光明媚な写真を映せば、来院していることのストレスを和らげてくれる効果があります。

 

B診察室の壁にデジタル写真たてを設置した例です。
最も不安や緊張感を感じてしまう診察室においても、「デジタル写真たて」が癒し効果を発揮します。
お子様の不安を和らげるために、人形などを置いている例もありますが、「デジタル写真たて」ならスライドショーを使って色々な写真を次々に映しだす事ができるのでまるで、紙芝居を見ているように物語性のある飽きさせない演出が可能です。
例えば、旅行先で撮った旅の思い出を順序だててスライドショーにしてみてください。
こんな事がありました、あんなハプニングもありました。
面白おかしいエピソードに、お子様も大人の患者様も顔がほころぶ事間違いありません。